2017年07月25日

特別企画展「バロックの巨匠たち」 始まる

20170725181418_00001.jpg本日(7/25)から、鹿児島市立美術館において、特別企画展「バロックの巨匠たち −ヨーロッパに広がった光と影の軌跡」が始まり、鑑賞してきました。レンブラント、ルーべンスらの作品44点がヨーロッパ各国の美術館より集められています。「襞襟を付けた女性の肖像」などは、今にも人物がキャンバスから抜け出てきそうでした。
また、同時開催の「漱石×五葉 〜絵はがきが繋いだ二つの才能」も見ごたえがありました。夏目漱石と彼の単行本の装幀を手がけた橋口五葉の自筆絵はがき、感動しました。9/3(日)迄、開催されておりますので、夏の一日、ご家族連れで是非、市立美術館にお立ち寄り下さい。
(尚、休館日は7月31日、8月7・16・21日です。)
 詳細は、鹿児島市立美術館ホームページ をご覧下さい。

posted by 小森のぶたか at 19:57| 活動報告