2017年11月30日

幼稚園の一日園長(8回目)

6年ぶりに、ご近所の認定こども園 伊敷幼稚園で「1日園長」を経験させて頂きました。
まず、「歓迎セレモニー」では、園長先生より委嘱を受け、元気一杯の朝の挨拶で迎えて頂きました。
その後、体育あそびや12月開催のおゆうぎ会の練習を見せて頂きました。一生懸命に取り組む園児の皆さんの姿が輝いていました。給食を園児の皆さんとしっかりおしゃべりをしながら、一緒においしく頂きました。
その後、園長先生、教職員の代表の方々と意見交換。園における特別支援教育に関する特色ある取組みをお聞きし、国の子ども・子育て新制度に関しては、事務の簡素化、幼稚園教諭・保育士不足の解消、施設整備費の拡充等が課題になっているとのことでした。
我が党は子育て支援として、幼児教育の無償化を目指してきましたが、総選挙の結果を受け、政府与党一体となって、消費税の一部を充当することになりました。今後の国での論議に、地方の現場の声を反映できるように取り組んで参ります。
最後に、園児代表から手作りのクリスマスプレゼントを頂き、見送りを受けました。
園の皆様には大変お世話になりました。心から感謝申し上げます。日頃のご苦労の一端を少し体験させて頂く、誠に貴重な1日となりました。特色ある幼児教育を推進されていることを実感しました。
s-IMG_4584A.jpg
s-IMG_4588A.jpg


posted by 小森のぶたか at 20:29| 活動報告